バジル好きさん必見!カルディのガパオチャーハンは本格エスニック味

kaldi-gaprao-chahan
209円(税抜)/226円(税込)

レトルト食品を多く取り扱っているカルディですが、実は冷凍食品のレベルもかなり高いんですよね。

こちらのガパオチャーハンもそのひとつ。タイ料理独特のクセが少なくて日本人の口にもよく合う仕上がりです!

カルディ ガパオチャーハン

ガパオ、といえは日本でも人気のタイ料理のひとつですよね。

“ガパオ”とは“バジル”を意味する言葉。ガパオチャーハンは直訳するとバジルチャーハンということ。

バジル、肉、野菜を入れて魚醤やオイスターソースなどで味付けされるのが一般的ですよね。

袋をあけるとこのような感じ。カチンコチンに凍っています。

作り方はフライパンで温めなおすか、電子レンジで温めるかのいずれか2通り。

今回は簡単に電子レンジで作ってみることにしました。

凍ったガパオチャーハンをお皿に移して、ラップをかけて電子レンジで約4分。これだけで完成です。

解凍したものがこちら。ラップを外すとバジルの爽やかな香りと、コショウのようなスパイシーな香りが漂ってきます。

食欲がわいてきますね~。

インゲンや炒り卵といった具もしっかり入っていますね!ちなみに、具に使われている白米や鶏肉は国産品。

カルディの商品説明によると、目玉焼きを乗せるのがおすすめだということで。

半熟の目玉焼きを作って乗せてみました!

食べてみると、味は意外とあっさりめ!バジルの風味や炒り卵の甘みが感じられるような控えめな味付けですね。

調味料に魚醤やナンプラーが使われているのでてっきり甘辛な濃い味かと思っていましたが、これは確かに日本人に合う。

お米のパラパラとほぐれる食感もいいです。

こういうエスニックなチャーハン、一般のスーパーではあまり見かけませんよね。

冷凍保存で長く保存できるので、見かけたらいくつかまとめて買っておきたい商品でした。

価格・値段

209円(税抜)/226円(税込)

サイズ・量

220g

カロリー

100gあたり186kcal

原材料

精白米(国産)、鶏肉(国産)、野菜(たまねぎ、ピーマン、いんげん)、スクランブルエッグ、ガパオ炒めの素(食用ひまわり油、ホーリーバジル、しょうゆ、にんにく、魚醤、砂糖、唐辛子、シャロット、オイスターソース、その他)、なたね油、砂糖、すりにんにく、食塩、魚介エキス、唐辛子、穀物酢、乾燥バジル、ホワイトペッパー/調味料(アミノ酸等)、加工デンプン、着色料(カラメル、パプリカ色素)、pH調整剤、(一部に卵、小麦、鶏肉、大豆、魚醤(魚介類)を含む)