コーヒーにいれるのはどんなミルクがおすすめ?牛乳や生クリームなど特徴まとめ

ブラックコーヒーは苦くて飲めない時は、砂糖やミルクを使うと思いますが、何となくポーションのものを使っている方も多いのでは。

ミルクと一言でいっても、色々あり特徴も違うので代表的なものをご紹介!

コーヒーにはどんなミルクがおすすめ?

ミルクやクリームは、コーヒーにまろやかさをプラスしてくれるので、深煎りタイプの焙煎コーヒー豆を楽しむ場合、特におすすめです!

一般的にミルクとして使われているのはコチラですね。

生クリーム

まろやかさを最も出すなら、生クリーム!

生クリーム(乳成分20%以上)は、コーヒーに良く溶けてまろやかにしてくれます。

濃厚ですが、入れすぎると脂っぽくなるので注意!

牛乳

手軽に使うなら、牛乳!

ホットコーヒーには、温めた牛乳を混ぜるとさらにミルキーでまろやかおいしい。

豆乳

独特の風味になるソイミルク。

牛乳や生クリームよりカロリーが少ないのでカフェやコーヒーショップでも一般的になってきてますよね。

粉末クリーム・液体クリーム(ポ―ションクリーム)

粉末クリ―ム・液体クリームは保存がきき、良くとける点で魅力です。

味は正直イマイチです。というのも、一般的に出ているクリームの成分にはミルクは含まれていません。

植物性油脂と水に乳化剤を加えてクリーム状にした食品。=つまり混ぜて白くなった油。

この点は理解して使いたいですね!

 

コーヒーとの相性も見ながら使ってみるといいと思います。

ちなみに、砂糖とミルク、両方を使う場合は砂糖を先に入れるとまろやかさが増しますよ。ぜひやってみてくださいね~!

Pocket