焙煎コーヒーのおいしい淹れ方講座!カルディで豆を好きな荒さに挽いてもらうのがポイント

カルディではコーヒー豆を行っていますが、挽いてもらうのはもちろん豆のまま購入も可能です。

今回は淹れ方のご紹介ですが、豆の挽き方もコーヒーのおいしさを左右するので購入の際は頭のすみに入れておくとよさそうです!

おいしいコーヒーの淹れ方

カルディの焙煎コーヒーは購入時、豆を好みの荒さに挽いてもらうことができます。

  • 一般的なフィルター用…中挽き
  • エスプレッソ用…細挽き
  • 水出し用…中細挽き

挽き方による味の違いは下記ページを参考にしてくださいね!

今回は、ドリッパーで淹れるためフィルターを使うので中挽きにしてもらい購入しました。

自宅でコーヒーを淹れるために必要な物

  • ポット(細口タイプ)
  • ドリッパ―
  • ペーパーフィルター
  • サーバー

【1】ドリッパーにフィルターをセットし挽いた豆をいれる

コーヒードリッパーにフィルターをセットして、挽いてもらったコーヒー豆を投入!

量は1人分でメジャースプーン1杯分(約10g)です。

ドリッパ―の端を軽くたたくなどして、コーヒー粉を平らにします。

【2】少しだけお湯を入れて蒸らす

90度~95度程度のお湯を、細口ポットを使って中央からそっと注ぎ、徐々にらせん状にしていきます。

お湯は一度に入れず、まずコーヒー豆の粉末が全体的に湿るくらいの量を注いで、20秒蒸らします。

この工程を省くと味が薄くなったり香りが弱くなるので大事なポイントですよ!

ちなみに、苦味のある濃いコーヒーを淹れたい時は、お湯をゆっくり注ぎ蒸らし時間を長めにします。

【3】お湯を何回かに分けて注ぐ

蒸らしが終わったら、2回目のお湯淹れ。

コーヒー粉の表面にゆっくり注ぎます。

スピードは、注ぐお湯と下から抽出されるコーヒー液のスピードが同量になるようにして、ドリップ内のお湯の量が一定になるようにします。

少し入れて、少し待つ。こうすることで美味しいコーヒーが淹れられますよ!

【4】完成!

淹れたてのコーヒーはとってもいい香り!

ぜひ試してみてくださいね。

自分でコーヒー豆を挽きたいとき

コーヒーに興味が沸いた人が行きつく先は、やはり自宅で自分の手でコーヒー豆を挽いてみるというもの。

ひと手間をかけて豆を挽き淹れたコーヒーは格別の味ですよ!

どんな道具が必要か、知識や手順なども下記ページにまとめてあります。

この記事のカテゴリー:
Pocket