カルディのマテ茶は香ばしいローストタイプ!アイスもホットも飲みやすくておすすめ

カルディオリジナル マテ茶 ロースト 16TB
380円(税抜)/410円(税込)

オリジナルのコーヒー豆をはじめ、多くの飲み物を取り揃えているカルディですが、妊娠中やカフェインが苦手という人にも嬉しいデカフェシリーズの種類も豊富!

その中から今回は、南米地域の伝統的な飲み物である「マテ茶」をご紹介。

カルディオリジナル マテ茶

マテ茶は「飲むサラダ」とも言われていて、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、食物繊維などが豊富に含んでいます。

なので、肉料理中心の南米人の食生活の中では欠かせない存在!

昔と比べて肉を食べることが多くなった私たち日本人の生活にも、積極的に取り入れたいドリンクです。

中身は16個のティーバッグ!(今回は2パック増量中で18パックでした。)

早速、温かい緑茶や紅茶を入れるようにティーポットで入れてみました!

麦茶やほうじ茶のような明るい茶色です。

飲んでみると苦味の中に香ばしさが感じられます。一瞬、ドクダミ茶を連想したのですが、ドクダミ茶ほどクセはなく、マイルドで飲みやすい!

ちなみにマテ茶には「グリーン・マテ茶」と「ロースト・マテ茶」の2種類があり、南米の多くの地域ではグリーン・マテ茶が好まれているようです。

ロースト・マテ茶は、グリーン・マテ茶を焙煎したもので、カルディオリジナルのマテ茶もこのタイプ。

香ばしく飲みやすいのは、程よく焙煎されているからなのですね!

アイスもおすすめ!

アイスの場合、300〜500mlの水に対してティーバッグを1つ入れ、冷蔵庫で8時間程度冷やし、そのあとティーバッグを取り除きます。

今回は1リットルの水とティーバッグ2個で作りました。

冷えたマテ茶はゴクゴクと飲みやすく、ホットよりもさっぱりとしています。

また、マテ茶はデカフェではありますが全くカフェインが入っていないわけではないので、妊娠中の飲み過ぎには注意が必要です。

とはいえ、含有量はコーヒーの約4分の1、紅茶の約3分の1、緑茶の約2分の1程度!マテ茶には、妊娠中に不足しがちな栄養素もたっぷりと含まれているので、飲み過ぎなければむしろ取り入れたいドリンクです。

価格・値段

380円(税抜)/410円(税込)

サイズ・量

32g(2g×16袋)

今回はたまたま2パック増量されていて18袋でした。