カルディでのコーヒー豆の買い方や購入する時の流れを解説!

カルディーでコーヒー豆を購入する時の流れを紹介します!実際購入してみて分かった事も交えながら詳しく解説したいと思います。

カルディのコーヒー豆を買うときの手順

【1】レジ横のコーヒー豆陳列コーナーに行く

まずは、レジ横にあるコーヒー豆の陳列コーナーに行きましょう。

たくさんの種類のコーヒー豆が陳列されているので、一目で分かると思います!

コーヒー豆は、人気・定番はもちろん、期間限定のコーヒー豆もあるためしっかりチェックしておきましょう。

【2】コーヒー豆の種類を決める

陳列ケースにはコーヒー豆の特徴が記載されているので、POPを参考に好みのコーヒー豆を選びましょう。

  • 銘柄名
  • 特徴
  • 風味、ボディー(コク)、煎り具合
  • 200g当たりの価格

コーヒー豆の焙煎具合も透明ケースから見る事ができ参考になります!

どのコーヒー豆がいいのかわからない…という方は、スタッフの方に相談を。

・酸味があるものがいい
・香りがよくて口当たりがいいものがいい
・苦味が強いのがいい

などなど、自分の好みを伝えるとスタッフがアドバイスをしてくれます!

【3】コーヒー豆をオーダーする

購入するコーヒー豆をスタッフに口頭で伝えます。

オーダーする時に、必要な3つの情報を順に伝えましょう。

  1. コーヒー豆の種類
  2. 必要な量(200g以上、200g単位)
  3. 挽く 又は 豆(挽く場合は、挽き方も必要)

複数のコーヒー豆をオーダーすることも可能、それぞれ違う容量や挽き方で買うこともできます。

挽き豆を希望した場合「挽き方はどうしますか?」とスタッフから質問されます。

挽き方は、コーヒーの淹れ方で決まるため「ペーパーフィルター用」「エスプレッソ用」「水だし用」「プレス用」など伝えれば合わせた挽き方をしてくれます。

もちろん、自分の好みで挽き方(粒の大きさ)を指定することもできます。

カルディーの場合4つの挽き方が指定できます

  • 中挽き8番
  • 極細挽き4番
  • 細挽き6番
  • 粗挽き9番

複数の種類をオーダーした場合でも、違う容量や挽き度合いを変更してオーダーしてもOKです。

【4】レジで会計

隣のレジスペースに進み会計をします。

オーダーしてから専用袋に入れる、豆を挽くなどするため待ち時間がありますが、混雑状況やオーダー内容にもよって異なるのでスタッフさんの指示に従いどこかに待機したりお店を廻ったりしてましょう。

レジでは豆の種類・オーダー量・豆の状態(挽く又は豆のまま)を確認して会計となります。

スタンプカードがあるのでぜひ利用を!

焙煎コーヒー豆(挽いたもの)を購入した場合、店頭だけで貯める事ができるコーヒーポイントをスタンプカードで貯める事ができます!

「ポイントカードはおもちですか?」と聞かれるため、貯める場合はカードを受取りましょう。

スタンプカードは無期限でコーヒー豆の購入金額100円に付き1ポイント貯まり、100ポイント貯まるとスペシャルチケットがもらえます。

その場で発行してくれるのでぜひ作っておきましょう!

まとめ

レジ横のコーヒー豆コーナーにはスタッフが常にいて、声が掛けやすい雰囲気でしたよ!

カルディでお気に入りのコーヒー豆が期間限定の商品だったので、スタッフに「クリスマス限定のコーヒー豆のような深めで苦味が無いタイプはありますか」と曖昧な伝え方をしたところ、他の豆を提案してくれ安心して購入できました。

最後にスタンプカードにスタンプを押してもらい気分よく購入!

コーヒーポイントは、ポイント2倍デ―という嬉しいキャンペーン期間もあるので、利用したいですね。

Pocket