デカフェとは?妊婦もOKなやさしいカフェインゼロコーヒー、紅茶もあります!

最近耳にすることが多くなったような気がする「デカフェ」、特徴やメリットなどをまとめてみましたよ。

デカフェとは?

カフェインを含んでいる食品からカフェインを取り除いた状態をデカフェといい、カフェインレス・カフェインフリーともいいます。

特にデカフェは、カフェインゼロコーヒーの意味として使われることが多いです。

カフェインは薬用(眠気覚ましや利尿作用、倦怠感や頭痛の緩和効果)としての側面があるものの、大量摂取すると神経過敏になりイライラ、不眠の症状がでることもあるため注意も必要です。

欧米では健康上の理由からカフェイン摂取を控えている人が増加…そのため、デカフェは世界的に見ると、コーヒー市場の10%程度にまで増加している人気ぶり!

どうやってカフェインをカットしているの?

デカフェではカフェインを除去していますが、その方法はさまざまです。最近では風味を損ないにくい二酸化炭素を用いて行う「超臨界二酸化炭素抽出」が主流。

これは、二酸化炭素に圧力をかけ、カフェインに反応しやすい”臨界”状態にすることでカフェインだけを炭素に吸収させるという方法です。

なるほど、わからん…

細かい理屈は正直よくわかりません!「超臨界二酸化炭素抽出」について詳しくはこちらを参考にしてみてください⇒抽出技術|超臨界技術センター 公式ホームページ

以前はもっと「味気ないコーヒー」の印象が強かったデカフェですが、カフェイン除去の方法が進化し、より通常のコーヒーに近いコクや香りが楽しめるようになってきています。

デカフェの特徴

  • デカフェ=完全にカフェイン0というわけではない
  • 苦味が少ない

カフェインゼロとは言いつつも、わずかですが残っています。そのため、デカフェのコーヒーには、「カフェインのカット率」が記載されています。

ちなみに、カフェインは苦味の成分なのでコーヒーの苦みやコクが苦手な方は好んでデカフェを飲む人もいます!

デカフェのメリット

「胃への負担を軽減したい」「胸やけを予防したい」「冷え症を緩和したい」など健康志向の方に人気ですが、他にも色々なシーンやニーズでも使えて便利です。

寝る前に最適

目覚まし効果のあるカフェインが少ないため、寝つきが悪くなる心配がありません

コーヒーの香りでリラックスしてから眠りに就きたい時におすすめです。

授乳期や妊娠中も安心

カフェイン摂取を抑えたい妊娠期や授乳期に最適。

コーヒーを飲む習慣が付いている妊婦酸やママも安心して飲めます!

カフェインの摂りすぎをセーブ

一日の中で数杯デカフェに切り替えるのも良いですね!コーヒーを飲む量が多くてカフェイン摂取量が気になる…という方にもおすすめです。

まとめ

デカフェはコーヒーをより楽しむためのバリエーションの1つ。通常のコーヒーと組み合わせて上手に使うと更に楽しいコーヒーライフが楽しめそうですね!

ちなみにカルディでもいくつかデカフェ商品が販売されてますよ。

この記事のカテゴリー:
Pocket