自宅でコーヒー豆を挽く方法と手順や知識・必要な道具まとめ

普段何気なく飲んでいる缶コーヒーやコンビニコーヒー、カフェのコーヒーなどは、私たちが飲むまでの状態に至るにはいくつかの工程を経ています。

その中でも、焙煎コーヒー豆を挽く工程は、風味にも影響するため、しっかりコツを知っておくと良いでしょう。

はじめに用意するもの

コーヒー豆を挽く道具「ミル」

豆を挽く専用の道具「コーヒーミル」を使って行います。手動ミルと電動ミルがあるので、お好きな方を選んで買いましょう!

手動タイプで十分ですが、大人数分の抽出をする場合は、電動タイプが便利です。

おすすめのコーヒーミルはこちら!

焙煎コーヒー豆

好みの焙煎コーヒー豆を用意します。

カルディなら豆の状態で売られているので、スタッフさんに聞いてお好みのものを買ってみるのがおすすめ!

コーヒー豆を挽く時の3つのポイント

  • 必要な分だけ豆を挽いて淹れる
  • 抽出方法にあった挽き方で挽く
  • 粉砕は均一になるようにする

コーヒーを飲む直前に豆を挽くのがポイントです!

コーヒー豆は粉砕すると湿気を吸いやすく、酸素に触れるため酸化による劣化が進みます。

風味を損なわず美味しくいただくために、使い切り分だけ挽くことはとても大事!

コーヒー粒の大きさが均一にならないと味にムラがでてしまいます。

特に、手動タイプはバラツキがでやすいため、なるべく均一な粒の大きさになるよう調節しましょう!

コーヒー豆の挽き方手順

【1】ミルに必要な分のコーヒー豆を入れる

1人分のコーヒー抽出には、約10g程度のコーヒー粉を使うので、1杯分なら10gのコーヒー豆をれましょう。

メジャースプーンがあれば、計測して入れられますよ!

【2】グラインドする

手動式ミルの場合、摩擦熱が生じないようゆっくりハンドルを回して挽きます。

ガリガリと無理な音がする場合、粒が不揃いなりやすいため、器具を清掃するなどして、軽く回して使えるようにしておきましょう。

挽いてもらった焙煎コーヒーの美味しい淹れ方は下記ページにまとめてあります。

こだわりUP!コーヒーの挽き方による違いを知る

コーヒー豆の挽きは、大きくわけて5種類。挽いた豆の大きさによって分類されます。

どの挽きにするかは、使うコーヒー器具、抽出方法によって変わります。

挽き方 見た目 器具・抽出方法
極細挽き 上白糖位の大きさ
パウダー状
苦味がとても強い エスプレッソ・ターキッシュコーヒー
細挽き グラニュー糖位の大きさ
粒がとても細かい
苦味とコクが強く、酸味が少ない エスプレッソ・水だし
中細挽き 中挽きと細挽きの中間の大きさ
市販のレギュラーコーヒーに多い挽き方
苦味と酸味のバランスが良い味 ペーパードリップ・コーヒーメーカー
中挽き ザラメ糖とグラニュー糖の中間くらいの大きさ 酸味がありスッキリとした味 サイフォン・ネルドリップ
粗挽き ザラメ糖位の大きさ
粒は粗め
酸味が強く、苦みが少ない味 パーコレーター、煮出し

コーヒー豆は成分をじっくり抽出するとコクや苦味が出やすくなり、反対に、さっと抽出すると酸味が出やすくなります。

さいごに

電動・手動に関わらず、ミルは日ごろから清掃するようにしましょう。

ミルに粉が残ると酸化し風味を損なってしまいます。特に、油分が多い深入り豆などは、油が残って詰まりの原因にもなります。

ハケやブラシを使って、メンテナンスも忘れず行ってくださいね!

コーヒー豆を挽く工程では、ドリップ方法も考えて行う必要があります。グラインドとドリッピングセットで進めると、より美味しく飲む事ができますね。

Pocket