コーヒーのいれ方の種類まとめ。抽出方法別の味の違いやメリットとデメリット

コーヒーと一言でいってもいろいろな抽出方法、いれ方があります。

珈琲の世界は奥深く、私もまだまだ未熟者ですが「ブラックコーヒー」を基準として、入れ方による味の違いをまとめてみました。

淹れかたによるコーヒーの味の違いまとめ

【1】ペーパードリップ式

  • 専用の器具を用いてコーヒー液を抽出する方法

1回使い切りのペーパーフィルターを使って淹れます。手軽な抽出方法なのではじめやすいのが魅力です。

淹れ方によって風味に違いがでるため、コツをマスターして淹れる時間も楽しめるといいですね。

メリット デメリット
・手軽ではじめやすい
・ゆっくり味わえる
・後始末が楽
・器具が必要
・一度に少量しか作れない

【2】ネルドリップ式

  • コーヒーの風味を最も引き出す抽出法

美味しい成分が新鮮な状態で抽出できるため、風味・香りなどベストな状態で楽しめます。

ネルフィルターの取扱と管理に注意が必要です。取り扱い方が悪いとコーヒーの味を低下させてしまいます。

メリット デメリット
・風味がよくでる
・ゆっくり味わえる
・器具が必要
・後始末や保管に注意が必要

【3】サイフォン式

  • 抽出過程が眺められる、見て楽しい抽出法

フラスコ内の気圧の変化を利用してお湯を移動し抽出します。

インテリアにもなるビジュアルですが、フラスコがガラス製のため取扱は注意が必要です。ドリップ式と風味は似ています。

メリット デメリット
・インテリアにもなる
・ゆっくり味わえる
・器具が必要
・後始末や保管に注意が必要
・淹れ方に慣れが必要

【4】イブリック式

  • 中近東で飲まれているトルコ式スタイル

ターキッシュコーヒーとも呼ばれ、主に中近東で飲まれているトルコ式の飲み方で、真鍮または銅製のイブニックと呼ばれる器具を用いて抽出します。

深入り珈琲豆を極細挽きにして飲むのがベスト。濃厚な味が特徴です。

メリット デメリット
・独特の雰囲気が楽しめる ・器具が必要
・味が限られる
・淹れ方に慣れが必要

【5】コーヒーマシーン

  • 手間がかからず美味しいコーヒーを自動で抽出する方法

美味しい!に早く・簡単に辿りつける自動タイプのコーヒーメーカー。

豆をセットするタイプや使い切りのコーヒー粉やポーションタイプもあります。

メリット デメリット
・手間いらず ・器具が必要
・手入れが必要
・使い切りタイプは1回ずつが割高

【番外編】

インスタントコーヒー

焙煎コーヒー豆の抽出液を乾燥させ粉末にしたコーヒー粉。

お湯を注ぐだけでコーヒーを楽しめます。

フリーズドライ・スプレードライどちらかの製法で作られており、風味や香りを重視したい方は、スプレードライ製法の商品を選ぶのがおすすめです。

メリット デメリット
・手軽 ・クセのある味になりやすい
・味の調節が難しい
・コーヒー豆より割高になりがち

ドリップパックコーヒー

カップの上に広げてお湯を注ぐだけで、1杯づつドリップ式コーヒーを淹れて飲めます。本格的な味が手軽で持ち運びもでき便利です。

メリット デメリット
・手軽
・持ち運び可能
・後始末が楽
・風味が落ちる

缶コーヒー

自動販売機やコンビニでも手軽に入るコーヒー。

出来上がった味を好みのテイストで選べます。ブラックコーヒーだけでも種類が豊富。

メリット デメリット
・手軽
・種類が豊富
・持ち運び可能
・後始末が楽
・量産品のクセのある味
・すぐに飲まないと味の劣化が進む

まとめ

どこにいても、より新鮮な淹れたてコーヒーを飲むなら「ドリップパックコーヒー」はいいですね。手軽でしかも1回使い切り!

「ペーパードリップ式」は初心者におおすすめですが、「ペーパードリップ式」の淹れ方をマスターすれば、「ドリップパック」でも、グンと美味しくなります。

コーヒービギナーはドリップパックが入門編に良さそうですね!

関連記事

Pocket